トロテック・レーザー加工機を使ったブルガリディアゴノ、複雑形状のベルト製作

TOROTEC RAYJET



最近のブランド時計には時計とベルトの接合部分が凹凸など複雑な形状のものがよく見かけられます。もちろんデザイン性を重視したものですが一部では市販の汎用替えベルトに簡単に交換できないような政策的な意味合いも含まれているかもしれません。

純正品の良さはもちろん尊重しなければなりませんが必ずしも個々のユーザーに寄り添った対応(素材や色の選択肢、サイズのカスタマイズなど)が出来ているかというと大いに疑問が残ります。

これらの特殊ベルトは時計との嵌合など0.1mm単位での製作精度が求められなかなか請け負うSHOPが無いのが実情でしょう。到底ハンドカットでは精度が追いつかず完成度の高い商品は作れません。

当社ではこのような製作にあたってはまず精密な図面を製作、それに基づき正確な切り出しが可能になるレーザーカッターで革を加工します。まずこの精度の土台があってこそ複雑なベルトの製作が可能となるのです。 トロテック・レーザー加工機

 

 
カテゴリー: SHOP関連の記事   パーマリンク