超絶極厚時計ストラップ ”SUPER FAT-9” パネライ用


【EARNEST 10年の集大成】

オーダーメイドストラップ”EARNEST”をスタートしてから早10年。独学・我流で試行錯誤を繰り返してきました。我流ゆえ当周りしたことも多々ありますが我流故に業界のセオリーや常識にとらわれない革新的なモノづくりに取り組めたとの自負もあります。

付加価値を高めるためにハンドメイドや手縫いをうたう商品も見かけますがハンドメイドで有ることの必然性は企画モノの量産品には到底到達し得ない領域を目指す事であります。そんな思いと蓄積したノウハウ、技術を集約したのが今回の商品です。

【SUPER  FAT-9  for  PANERAI】

EARNESTの持ち味である極厚仕立て。ノーマル仕様でも7mm程度の厚みがありますがより存在感と迫力を追求し美観的・機能的におそらく限界であろうと判断した最大厚み9mmを実現しました。これだけの厚みになると腕の表と裏の円周差により腕に沿って湾曲することが難しくなります。それを最初から強い反りを入れながら仕立てる極反り仕立てによりそのまますぐに腕に沿う形状に製作しています。圧倒的なボリューム・迫力にもかかわらず実にしなやかに腕にフィットします。

全体で9mmの立体造形に加え強い反りの形状になると表革の貼り合わせが非常に難しく部分的に強いシュリンクやよれが出て見栄えに影響します。このため革の質や部位を厳選する必要があります。今回は良質なナイルクロコの柔らかくしなやかな顎下の部位を採用しました。アイスグレーのクールな色目、顎下特有の縦に走るラインがFAT-9のグラマラスな曲面美と相まって非常に美しいストラップが完成しました。







ベルルッティの時計ベルトリフォーム!

イタリア人靴職人ベルルッティが1895年パリで創業、その後有名な「パティーヌ」という独特の染色手法で一躍世界のトップブランドに躍り出た高級ブランド。主に筆記体の文字をアイコンとするその製品は世界中の革マニアの垂涎の的ですね。

今回はこのベルルッティの腰ベルトの余り部分を使っての時計ストラップ製作の依頼です。製作するのはブレゲマリンⅡ用の純正バックル仕様フルオーダーメイド。非常に繊細で柔らかい革は細心の注意を持って仕立てていきます。小穴は一穴のみのために寸法もシビアなコントロールを必要とします。

裏地は撥水ラバー加工で汗対策も万全。必ずやご満足いただける仕上がりと自負しています。

ブランド品リフォームは製作する時計バンドの表面積の最低二倍以上の皮革が必要となります。また製作したバンドは自家需要の使用目的のみの受付となります。ベルルッティ以外のもLV等のリフォームも人気となっています。





【画像下】遊革部分にはバンド裏面にあった刻印のitally35の文字の部分をさり気なくあしらいました。
【画像下】裏地には撥水ラバー


【画像下】ヴィトンのリフォームも大人気です

唯一無二の時計ベルト!クロコイレギュラーパターン

【オーダーメイドストラップEARNEST。奇跡のハート型奇形班!】


クロコダイルの革の模様は左右対称で基本的にはどの個体も同じ配列、模様(班)をしています。
しかし稀に言葉は悪いですがこの班が奇形で乱れたり変形したりしている個体がでます。
往々にしてこれらは綺麗な配列を乱す厄介者ですが時として唯一無二の素晴らしい景色を創り出します。

今回出現したのはモスグリーンのハート♡!しばらく仕立てないで温存しておきますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。24mmまで仕立て可能です。

画像上の完成品はその名もミステリーサークル。24mmマットクロコ黒,販売中!https://store.shopping.yahoo.co.jp/cast/hb-only27.html